ポチ袋

ポチ袋(点袋)の「ポチ」は関西方言で「心づけ、祝儀」を意味し、明治時代に旦那衆が贔屓の芸者やお店の方に心付けを渡すときに使われた祝儀袋のことでした。「ポチ」には「小さいもの」「少しだけ」という意味があり、大げさなご祝儀ではなく、少しばかりの心遣いを小袋にしたためた「これっぽち」という謙虚な気持ちが「ポチ」になったと言われています。
近年では全国共通で「ポチ袋」と呼ばれることが多くなってきています。

ポチ袋(小)

お札を三つ折りにして入れるタイプのポチ袋です。
A4用紙1枚で、ポチ袋2枚作れます。

ポチ袋(大)

お札を折らずに入れるタイプのポチ袋です。
A4用紙1枚で、ポチ袋1枚作れます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加